AU BON PAIN BIGOT

AU BON PAIN BIGOT

NEWS

RECRUIT

CONCEPT

コンセプト

あたり前のおいしさを、
あたり前に焼いている。
それがオーボンパンの
トラディッショナル。

日本にフランスパンをつたえた第一人者、フィリップ・ビゴ。
そのパンづくりの技術とスピリットを受け継ぐAU BON PAIN BIGOTは、
自然発酵の酵母を使ったフランスのトラディッショナルなパンづくり、
こころとからだにやさしい、毎日食べても飽きることない
パンづくりを大切にしています。

MENU

パンの種類

BIGOTのパンはイーストフード不使用。天然酵母と粉、塩、水のシンプルな基本材料で作りあげるホントのフランスパン。
どれも、小麦の持っている本来のゆたかな香りと味わいにこだわっています。
100種類以上にもなるメニューは、1種類のパンも1日数回にわけ、焼きたてのおいしさをお届けしています。

Dur

硬めのパン

Baquette

バゲット

¥280

風味がよく、コクと甘みのあるバゲットはBIGOT自信作。

Batird

バタール

¥280

日本でもっともなじみのあるフランスパン。バゲットよりやわらかい口当たりです。

Marguerite

マーガレット

¥280

かわいらしい花のかたちが人気。当店オリジナルのフランスパンです。

Pain de levain

パン・オ・ルヴァン

¥280

ライ麦粉、全粒粉、自家製天然酵母を使用。トマトソースと相性抜群です。

Pain de lodeve

パン・ド・ロデブ

¥280

自然な状態で発酵させた内層の粗いフランスパンです。

Seigle auberngne

セーグル・オーヴェルニュ

1個¥480ハーフサイズ¥240

ライ麦粉80%使用のパンです。ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富。

Campagne aux noix

カンパーニュ・ノア

¥370

ライ麦・全粒粉を使用したフランスパンにたっぷりのクルミを入れました。

Floken sesame

フロッケン・セサミ

1本¥800円ハーフサイズ¥400

ライ麦45%、ライフレーク20%、グラハム5%、レーズン、クルミ、ドライイチジク入り。

すべて税込み価格です。

Viennoiserie

やわらかめのパン

Croissant au beurre

発酵バターのクロワッサン

¥170

さわやかな発酵バターの香り高いクロワッサンです。

Quiche

キッシュ・ホウレンソウ

¥260

ホウレンソウをチーズで焼き上げた、柔らかキッシュ。ワインのお供にどうぞ。

Souris

スリーぺぺ

¥190

ねずみの親子のクリームパン。自家製カスタードクリームです。

Amadine

アマンディーヌ

¥240

フレッシュなアーモンドタルトです。

Chausson pomme

ショーソン・ポム

¥250

自家製手づくりりんごコンポート入りのりんごパイです。国産紅玉リンゴ使用。

Danesi poire

デニッシュ・ポワール

¥270

かわいい洋梨の形のデニッシュです。

Palmier

パルミエ・ブーランジェ

¥170

パイ生地にシナモンシュガーを練り込んだサックリパイです。

Kannele

カヌレ

¥180

フランスの代表的な焼き菓子です。

すべて税込み価格です。

Pain de Mie

食パン

Paine de mie - YAMA

山食

1本¥8501斤¥340

Paine de mie - KAKU

角食

1本¥8501斤¥340

Kurumi

クルミ食パン

半斤¥220

Raisin

レーズン・ブレッド

半斤¥190

すべて税込み価格です。

Other

その他

Basil Rusk

バジルラスク

¥330

Anchovy Rusk

アンチョビラスク

¥330

Rusk

ラスク

¥330

Gateau secs

焼き菓子

¥180〜

Chouquette

シュケット

¥260

Karinto

黒糖かりんとう

¥330

すべて税込み価格です。

AU BON PAIN BIGOT

オーボンパン ビゴについて

わたしたちが考える本物のフランスパンとは、特別な材料を使うことでも、特別な製法で作ることでもありません。
パンに合わせて粉を選ぶ。生地をムリなくゆっくりと発酵させる。
食べ方や食感を考え成形する。季節や天候によって焼き加減にもこまかく気を配る。そうしたひとつひとつの工程を妥協することなく、パン本来の旨みをていねいにつくりあげています。
パンの発酵に自分たちが合わせること。自分たちの都合でパン焼かないこと。
これがもっとも大切と考えています。
そして、その想いをAU BON PAIN(オーボンパン:これは良いパン!)という店名にこめました。
小麦のゆたかな香りと味を、ドライフルーツの濃縮された甘みを、天然酵母の自然の力強さを、わたしたちのつくるパンで、ひとりでも多くの方に感じていただければと思います。

AU BON PAIN OWNER細田 実

Profileオーナープロフィール

埼玉県生まれ。

1985年
東京製菓学校卒業後、ドゥース・フランス・ビゴの店銀座店に入社。24歳で製パンチーフとなる。
1999年
ベーカリーワールドカップCDM(Coupe De Monde)の日本代表に選ばれ、世界大会で3位入賞。
2006年
北陸では初となるビゴの店「金沢フォーラス店」出店に際して独立。
2007年
株式会社AU BON PAIN設立し、現在にいたる。
2013年
ビゴの店「京都店」オープン。

BIGOT STORY

フィリップ・ビゴについて

本物のフランスパンは、
職人のこころが作るもの。
添加物は一切使わない。
パンの命は糧だから。

1965年、日本に初めて本格的なフランスパンを紹介したフィリップ・ビゴ。
当時の日本でパンといえば、ふわふわした食感のソフト系のものが中心であったなか、
パリパリのクラストでできたハード系のパンは、それまで、わたしたち日本人が抱いていたパンの概念を大きく変えました。
海をわたり、時代を超えて愛されるビゴのパン。自身の著書『L’Amour du Pain』のなかで、彼は、
「私にとってパンは毎食の主食であり、命の糧となる神聖な食べものである。
毎日、毎食、食べるものだからこそ、真のおいしさが問われるものなのだ―」と、綴っています。
『フランスパンの神様』とも呼ばれる彼は、いまも神戸にある「芦屋本店」ほか10数店舗を営み、
自らつくるパンを通じて“本物”をつたえつづけています。

Philoppe Bigotフィリップ・ビゴ

1942年
フランス・ノルマンディ地方にあるパン屋の三代目として生まれる。
1959年
国立製粉学校製パン科に入学。フランスパンの権威、レイモン・カルベルに師事して製パンを学ぶ。
1965年
22歳の時、第6回東京国際見本市のために来日。
日本初の本格的なフランスパンのデモンストレーションをおこなう。
1971年
独立して「ビゴの店」第1号店を芦屋に開業。
現在は兵庫県・阪神地区を中心に十数店舗を展開。
2003年
日本におけるフランスパン普及に貢献した功績が称えられ、フランス大統領よりレジオン・ドヌール勲章を授与される。

SHOP

お店の情報

AU BON PAIN BIGOT

オーボンパン ビゴの店 金沢店

〒920-0849
金沢市堀川新町3-1 金沢フォーラス1F

TEL.076-265-8106

営業時間 10:00〜21:00 年中無休

AU BON PAIN BIGOT

オーボンパン ビゴの店 京都店

〒603-8142 
京都市北区小山北上総町49-1(北大路ビブレ1F)

TEL.075-491-3177

営業時間 10:00ー21:00 年中無休